妊娠中の食事と制限 ~食べていいもの、いけないもの~

妊娠中の食事と制限 ~食べていいもの、いけないもの~妊娠中期

妊娠中にとっては
いけないものとして
カフェインは有名ですよね。

これは妊婦さん以外でも
ほとんどの方が
知っていると思いますが、

私が妊娠した時に
これは妊婦が食べてもいいのかな?
と迷うものが多々ありました。

そこで、妊娠中に
食べていいものと
食べてはいけないものを
分かりやすく
まとめておきたいと思います。

この記事はこのような方にオススメです!

  • 現在、妊娠初期の方
  • 周りに妊婦さんがいる方(旦那さんや家族)
  • これから妊娠、出産を考えている方

妊婦さんが食べてはいけないもの

kangoIMGL7874_TP_V

基本的に生ものや非加熱のもの、
アルコールやカフェインは注意

必要となります。

それでは、具体的な
食材名や理由を
あげていきたいと思います。

生卵

殻にサルモネラ菌が
付着している可能性があるため、
加熱をおすすめします。

生肉、非加熱肉

加熱が不十分な肉からは
大腸菌O‐157やトキソプラズマが
入り込んでいることがあります。
(生ハム、ローストビーフ、
馬刺し、レアステーキなど)

レバー

ビタミンAがおおく含まれており、
妊婦が過剰にとると
胎児に器官形成異常が
おこりやすくなります。

一部の情報には
「鉄分をとるために
レバーがオススメ」との
記載があるため、注意が必要です。

うなぎ

レバーと同様にビタミンAが
多く含まれていますので
たべる量に注意が必要です。

生魚

魚に含まれる水銀のとり過ぎは
胎児の中枢神経の発達に影響を与え、

リステリア菌やアニサキスなどの
食中毒は流産につながってしまうため
注意が必要です。

サケやイワシ、サンマなどは
水銀濃度が低いため
食べても大丈夫との
情報もありましたが、

アニサキスが潜んでいる
可能性があるため
生魚全般はオススメできません。

私は念のため
食べませんでした。

あぶり系のお寿司は
すこし食べましたが…笑

チーズ

リステリア菌による
食中毒をひき起こし、
流産につながってしまう
心配があります。

75度以上に加熱をすれば
食べても大丈夫だそうです。

また、原材料を確認し
プロセスチーズであれば、

製造工程の中で
加熱をされているため
食べても大丈夫です。

コーヒー、紅茶、緑茶、烏龍茶など

カフェインが含まれており、
とりすぎると流産や胎児の
発育不良につながります。

1日1杯ほどであれば
大丈夫だと言われていますが、
カフェインの含まれていない
飲み物もあるため
個人的には含まれていないものを
オススメします^ ^

さんぴん茶、麦茶、たんぽぽ茶
ルイボスティー、
カフェインレスコーヒーなどは
安心して飲めますよ!

コーラ、マウンテンデュー、栄養ドリンク、エナジードリンク

これらもカフェインが
含まれています。

うっかり飲みすぎには
お気を付けて!

チョコレートや抹茶のお菓子、眠気スッキリ系ガムや飴玉

チョコや抹茶をつかったお菓子には
カフェインが含まれています。

また、ガムやアメ玉の中にも
含まれている商品があるため、
気付かずにとっている事があります。

いつのまにか
とりすぎないように、
明らかに含まれている物は
最初からさけておく方が
良いと思います。

私はそうしていました^ ^

酒、ビール、ワインなどのアルコール類

アルコールは胎児に
直接届くと言われており、
胎児性アルコール症候群という
神経系脳障害へつながって
しまうため注意が必要です。

どうしても飲みたい時は
ノンアルコールで味と
雰囲気を楽しんでください^ ^

食べ物ではありませんが
タバコももちろんダメです!
副流煙も!

塩気の強いもの、脂っこいもの、甘過ぎるもの

塩分のとりすぎや
脂肪分のとりすぎは
妊娠高血圧症(妊娠中毒症の1つ)
をひき起こしてしまいます。

実際に私もなってしまい、
一時期は胎児の発育不良が
起きてしまいました(T_T)

糖分や脂肪分のとりすぎは
妊娠糖尿病をひき起こして
しまいます。

糖尿病は、視力の低下や
足の壊死にもつながる怖い病気です。

胎児の機能異常や奇形、
後々の糖尿病になるリスクが
あがってしまうので、

妊娠中だけだろう、と
あまく考えずに
気を付ける必要があります。

妊婦さんこそ食べた方が良いもの

kangoIMGL7870_TP_V
妊婦は赤ちゃんの分まで
2人分食べる必要がある、という話を
聞いたことはありますでしょうか?

実際のところこれは迷信で、
逆に食べすぎることで
体重コントロールが
うまくいかなくなり、
ほかの問題を起こしてしまいます。

しかし、栄養素に関しては
赤ちゃんの分まで
必要となるものもあるため、
妊婦さんにおすすめの食べ物を
「栄養素別」に紹介したいと思います。

葉酸

葉酸は胎児の発達に
必要な栄養素です。

葉酸が不足してしまうと
胎児の発育不良や流産に
つながってしまいます。

料理をするときは
加熱をしすぎないことで、 
葉酸を逃さずとることができます。

葉酸を多く含む食材

  • 納豆
  • ほうれん草
  • アスパラガス
  • 春菊
  • ブロッコリー
  • アボカド
  • わかめ
  • のり
  • きなこ

食べ物だけでとるのは
大変だと思いますので、
サプリメントを併用することを
オススメします!

鉄分

妊娠中は胎児に
酸素や栄養素をはこぶために
血液量が増えます。

しかし量が増えた分
血液はうすまってしまうため、
貧血にならないように
鉄分をとることが大切です。

鉄分を多く含む食材

  • 赤身の牛肉
  • あさり
  • しじみ
  • ツナ缶
  • カツオ
  • サンマ
  • がんもどき
  • 豆腐
  • 納豆
  • きなこ

ひじき、たまご、
ほうれん草などにも
含まれておりますが、

それらは非ヘム鉄と呼ばれ、
あまり体内には吸収
されないものとなります。

こちらも食材だけでなく
サプリメントとの併用を
オススメします。


カルシウム

カルシウムは胎児の丈夫な
体を作るための栄養素
です。

妊娠中に不足しても、
お母さんの体にためた分を
優先的に胎児へおくるので
成長には問題ないようですが、

お母さんのカルシウムが
不足する事で、骨粗鬆症などへ
ならないよう配慮が必要となります。

カルシウムを多く含む食材

  • ヨーグルト
  • プロセスチーズ
  • 牛乳
  • サバ缶、イワシ缶
  • 煮干し
  • 小松菜
  • モロヘイヤ
  • わかめ
  • 豆腐
  • 納豆

ちなみに、カルシウムの摂取には
マグネシウムも必須となりますので
豆や海藻なども一緒に
食べることをオススメします!

私の体験、失敗談

私が妊娠に気づいた当初、
とりあえずカフェインを
とるのはやめました。

(お酒はもともと飲む機会が
少ないため、そのまま飲まず)

ほかには何を食べて、
何を食べてはいけないのか
調べたところ

「妊婦は貧血になりやすいため、
レバーがオススメ」という情報と

「レバーはビタミンAが多いので、
とりすぎてはいけない」という
真逆の情報がありました。

この様なことがあったため、
ネットの情報と本の情報の
どちらも確認していました。

この時、レバーがオススメとの
情報だけを見て生活していたら
どうなっていたんだろう…
と心配に思います。

私が食べていて
良かったものとしては、
納豆やヨーグルトです。

納豆やヨーグルトといった
発酵食品は、腸内環境を
ととのえる効果があるため、
妊婦さんがなりやすい
便秘をふせいでくれます。

おかげで、便秘で困ることは
ありませんでした^ ^

ちなみに、腸内環境が
ととのうことは免疫力の
向上にもつながります。

実はヨーグルトが
好きではないのですが、
夫のすすめでヨーグルトと
フルーツグラノーラとまぜ、
オリゴ糖をかけて食べていました。

オリゴ糖は腸内細菌の
エサになってくれるので、
甘いものが食べたくなった時は
ヨーグルトとオリゴ糖、オススメです!


妊娠中の食生活での
失敗、反省点としては、

カップラーメンを
食べすぎてしまったことです。

匂いづわり、
吐きづわりの時期に
からい味、酸味が好きになり、
仕事時の昼食は
トムヤムクン味やキムチ味の
カップラーメンを買って
食べていました。

つわりがひどい時は
食べられるものを食べる
という事で良いのですが、

その味にハマってしまい、
つわりが落ちついてからも
ひんぱんに食べていました。

そのせいか妊娠高血圧症に
なってしまい、胎児の成長が止まり
体重が増えない時期がありました…(T_T)

低体重の2300gで
止まってしまったため
毎日、朝晩と血圧をはかり
とても心配な日々を
すごしました。

みなさんは
塩気のつよいものを
食べすぎないよう
お気をつけください(>_<)

私は第一子を出産したばかりで
経験豊富なベテランという
わけではないのですが、

この記事を見てくれた
みなさまのお役に、
少しでもなれたら嬉しく思います!^ ^

コメント